上野耕平

上野耕平 プロフィール

1992年生まれ。 茨城県東海村出身。
8歳から吹奏楽部でサックスを始め、東京藝術大学器楽科に入学。
これまでに須川展也、鶴飼奈民、原博巳の各氏に師事。
第12回ジュニアサクソフォンコンクール第1位、第7・10回 日本ジュニア管打楽器コンクール金賞、など数々の賞に輝いたのち、第28回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門において、第1位(史上最年少)ならびに特別大賞(内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞)を受賞。2014年11月、第6回アドルフ・サックス国際コンクール(ベルギー・ディナン)において、第2位を受賞。現地メディアを通じて日本でもそのニュースが話題になる。
2012年2月から3月にかけて、師である世界的サクソフォン奏者須川展也氏の「須川展也EXツアー2012」にゲスト出演し全国各地で共演。高評を博する。
スコットランドにて行われた第16回世界サクソフォンコングレスでは、ソリストとして出場し、イギリス王立ノーザン音楽院吹奏楽団と、ピット・スウェルツの難曲、「ウズメの躍り」で共演。世界の大御所たちから大喝采を浴びた。その他、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」への出演、テレビ朝日「題名のない音楽」収録ではマルタン作曲「サックスと管弦楽のためのバラード」(山田和樹指揮/横浜シンフォニエッタ)を熱演し、その山田氏の強い推薦により2015年9月の日本フィルハーモニー交響楽団定期公演に大抜擢された。このサントリーホールでの2日間の公演は、クラシックサックスの可能性が最大限に引き出され、好評を博す。
2014年10月「アドルフに告ぐ」(日本コロムビア)でCDデビューし、クラシック界に衝撃を与える1枚となり話題となった。15年12月にはコンサートマスターを務める
ぱんだウインドオーケストラのCDを日本コロムビアよりリリース。これまでにライブ盤を含む通算4枚のCDをリリースしている。
2016年3月には「東京・春・音楽祭」、4月には東京オペラシティで行われる「B→C」にてリサイタルを行う。
同年4月からは昭和音楽大学の非常勤講師として後進の指導に当たる予定。

《The Rev Saxophone Quartet》ソプラノ・サクソフォン奏者、
《ぱんだウインドオーケストラ》コンサートマスター

【使用楽器】
楽器:YAMAHA YAS-875EXG /マウスピース:SELMER S90 180
リガチャー:HARRISON 復刻GP/リード:VANDOREN TRADITIONAL3.5

Kohei Ueno,

Saxophonist

Kohei Ueno started to play the saxophone in a school band at the age of eight.

He has studied under Nobuya Sugawa, Nami Tsurukai and Hiroshi Hara.
He won the 1st prize at the 12th Junior Saxophone Competition, and the gold medal at the 7th and the 10th Japan Junior Wind and Percussion Competition. He was the youngest saxophonist to win the 1st prize at the 28th Japan Wind and Percussion Competition, being honored with other special awards granted by the Prime Minister, the Minister of Education, Culture, Sports,Science and Technology, and the Governor of Tokyo. When he won the 2nd prize at the 6th Adolphe Sax International Competition in Dinant, Belgium in November, 2014, the news traveled fast via the local media, causing quite a stir in Japan. In February and March of 2012, he joined Nobuya Sugawa, an internationally renowned saxophonist and Ueno’s mentor, in “Nobuya Sugawa EX Tour 2012”, which took them to various parts of Japan. His guest appearance turned out to be a great success.

He participated in the 16th World Saxophone Congress in Scotland as a soloist, and performed “Dance of Uzume”, a challenging piece by Piet Swerts with the Royal Northern College of Music Wind Band, winning the highest praise from the doyens of the world.

He also performed “Cyber Bird”,a masterpiece of saxophone concerto by

NIPPON COLUMBIA CO.,LTD.

Edomizaka Mori Bldg. 4-1-40 Toranomon,Minato-Ku Tokyo 105-8482 Japan
TEL ;81-3-6895-9660

Takashi Yoshimatsu with the Tokyo New City Orchestra with a great success. He was invited to “Recital Nova”, an NHK FM radio program, and the TV Asahi’s“Untitled Concert”, where he performed Martin’s “Ballade for Saxophone and Orchestra” with The Yokohama Sinfonietta conducted by Kazuki Yamada. He has worked with such ensembles as the Tokyo New City Orchestra, the Royal Northern College Wind Band, and the Yokohama Sinfonietta.
He plays the soprano saxophone in the Rev Saxophone Quartet, and is the concertmaster of the Panda Wind Orchestra. As of 2015, he is a fourth year student of the Department of Instrumental Music, Tokyo University of the Arts.

【Instrument】
Instrument: YAMAHA YAS-875EXG/Mouthpiece: SELMER S90 180
Ligature: HARRISON Reproduced Model GP/Reed: VANDOREN TRADITIONAL 3.5

Official Website: http://columbia.jp/uenokohei/
Official Facebook https://www.facebook.com/ueno.kohei.sax
Fan Club Website: http://uenokohei.club/